【7】Fact Finding

EC市場のFactデータまとめました

2019年もあと5日になりました。今年もキャッシュレス消費

の浸透やサブスクリプション、パーソナライズの進展など

様々なトピックスがありました。

それらに共通しているのは言うまでもなくインターネット

技術の進展、スマホ普及があります。

生活者の消費行動においてもはや欠かせない生活基盤と

なっています。

そこで実態を把握するために

ECはどの程度私たちの生活に浸透しているのかデータを

収集してみました。

・・・続きを読む
執筆者:蛭川 速 / 2019.12.27
【9】2次データを読み込む

コンビニエンスストア24時間営業の背景にあるもの

2019年は、サブスクリプションの進展やパーソナライズといったマーケティグ手法や、キャッシュレス化の進展や働き方改革などの社会現象など、いろいろな業界や分野で様々な話題がありました。

なかでも私が注目しているのは、コンビニエンスストア24時間営業を巡るチェーン本部と加盟店との攻防についてです。

この問題は単にその是非だけでなく日本企業を巡る中長期的な環境変化に対する適応策を考える上で非常に興味深いものだからです。

・・・続きを読む
執筆者:蛭川 速 / 2019.11.14
【2】ヒット商品の状況仮説を考える

サブスクリプションについて考える!【後編】

すこし時間が経ってしまいましたが、後編です。


4. サブスクリプション浸透の背景

音楽配信からアパレル商品、ビールまでサブスクリプションの範囲は広がっています。これだけ話題になっている背景には、どのような環境変化要因があるでしょうか?

まず思いつくのは、ミニマリストや断捨離という所有意識の変化が考えられます。物質的なモノを所有することを避け必要最低限のモノで生活をしていこうという生活意識の変化です。コンビニエンスストアの店舗数は増加し、24時間365日営業していますし、amazonで購入すれば最短でその日の内に商品が届けられます。購買環境の変化によってストックするという意識が薄れ、それが利用する意識へ転換していったのではないかと考えます。

・・・続きを読む
執筆者:蛭川 速 / 2018.12.28
【2】ヒット商品の状況仮説を考える

サブスクリプションについて考える!【前編】

最近サブスクリプションのビジネスモデルが話題に上っています。
音楽や動画が毎月定額を支払えば聞き放題だとか、電子書籍やマンガも読み放題というものです。
月額2,000円でコーヒーが飲み放題になるという喫茶店や、月15,000円で飲食し放題のワインレストラン、月8,600円で1日1杯のラーメンが食べられるサービスなど話題に事欠きません。
そこで本コラムでも、サブスクリプションについて考察していきたいと思います。

・・・続きを読む
執筆者:蛭川 速 / 2018.09.27